自営業住宅ローンの必要書類とは?

自営業住宅ローンを組むための必要書類は2つあり、1つは確定申告書、もうひとつは納税証明書です。
確定申告書の場合は税務署の印があるものを3期分用意する必要があります。
このとき提出するのは控えの書類のほうです。
納税証明書は2通を提出します。
これは役所に税金を納めたときに発行される証明書です。
これらのうち、納税額等証明用、所得証明用の2通を3期分用意して金融機関に提出します。
経営がわずか1年でも赤字になっている場合は、これらの書類のほかにさらに多くの書類が必要となります。
こういった場合は、貸借対照表や、取引の内容を具体的に記載した書類の提出も求められます。
一度赤字を経験している場合は、赤字になった理由をきちんと金融機関に説明していく必要があります。
不明確な説明のままでは審査に落とされてしまうこともありますので、しっかりと理由を説明しながら、赤字を取り戻せることを金融機関にアピールする必要があります。
住宅ローンの融資をよりスムースにするには、不動産会社から紹介された金融機関のスタッフとじっくり相談するのもよい方法です。
http://www.jieigyo-mortgage.com/