実話をもとにしたカジノの映画なら

2008年公開したロバート・ルケティック監督のラスベガスをぶっつぶせという映画は、マサチューセッツ工科大学に通う数学が得意な天才的な頭脳をもった大学生が学費を払う為にカジノにチャレンジする実話をもとにしたアメリカ映画です。
カードの数字に向かいあうことによって少ない資金で戦い見事大金を手にします。
あまりポピュラーではないかもしれませんが、一攫千金を狙いたいと夢見る人やカジノに挑戦してみたい人、コツをつかみたい人には参考になるであろう実話の作品です。
数字を使ったカードゲームを中心に描かれているために、話の展開、数字がとてもややこしい印象をもつかもしれませんので、一回ではなかなか理解し参考にするのは難しいかと思います。
しかし、繰り返して見ることによって、ゲームの流れ、主人公がもつ作戦や数字の流れがだんだんと理解することができるでしょう。
主人公がもつ天才的な作戦を参考にすれば、同じラスベガスで一攫千金も夢ではないかもしれません。