ネット麻雀の問題点

ネット麻雀と言えば、今となってはそう珍しくもない存在に思える。
実際に雀荘へ赴く必要もなくなり、ただネット回線一つさえ持っていれば世界中の誰とでも同じ卓で麻雀を打てるようになったのだ。
さらにポン、チーなどの鳴き、さらにはリーチや点数計算までも機械が自動で判別し、初心者でも楽な気持ちで麻雀と接することが出来るようになった。
また麻雀の強さによってレートが与えられ、そのレートによって部屋を分離化。
初心者は初心者と、玄人は玄人と打てるようになり、それぞれ違う立場だからこそ話し合えるコミュニケーションの場としても長けてきているように思える。
ただネット麻雀に残る弊害も当然存在しており、ネット回線故に負けそうになったらすぐ離脱したり、場を掻き乱そうとしたりする人もいる。
また機械が大きく関与しているため、配牌や確率が操作されているなどの声も多く上がっている。
確かに回線経由での麻雀は便利だが、それゆえに問題も多々あるわけだ。
ネット回線契約?料金安いおすすめプロバイダ【2015年最新キャンペーン】