PC用メガネのブルーライトカット率ってどのくらい?

PC用メガネは、パソコンやスマホなどから発生するブルーライトという光をカットするメガネです。
ブルーライトとは、目の奥の網膜まで届いてしまう青い光の事で、この光は紫外線よりも浸透率が良いとされています。
ブルーライトを長時間浴びていますと、頭痛や肩こりの原因になる事はもちろんの事、視力も悪くなるのが早いそうです。
昨今は、仕事にパソコンは欠かせない物ですよね。
ですので、PC用メガネで早めの対策をしましょう。
PC用メガネのブルーライトカット率は50%の物と30%の物があります。
50%のレンズは薄い茶色をしています。
30%のレンズはクリアレンズの物が多いです。
若い方は、クリアレンズの方がファッションに合うので人気だそうです。